browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

UVやシリコン塗料のフロアコーティングのメリット・デメリット

フロアコーティングの種類の1つに、特殊な樹脂を紫外線で瞬時に焼き付けてコーティングする方法があります。

この方法のメリットは、第一に乾くまでの時間が短いということ。

フロアコーティングが乾かなければ、建物ができていても入居はできません。

ですが、UVコーティングであればすぐに乾くので待ち時間も短くて済みます。

また、耐摩耗性が高く、耐久年数は20年以上もあるそうです。

耐水性、耐薬品性も高いので、何かこぼしてしまったり、家具などを動かしたりしても傷がつきにくいとか。

小さなお子さんがいる家庭には良いかもしれませんね。

一方、デメリットはどのようなものがあるかというと、第一に施工費用が高いということ。

塗装のために特殊な機械が必要であるため、費用が高くなってしまいます。

そして、一度施工するとやり直しができないという点も大きいと思います。

やっぱり別の方法にしようとか、何か理由ができてやり直したいと思っても、完全に剥がすことはできなにのだそうです。

ですが、施工前によく説明を聞いたり吟味したりして万全に整えて望めば、大丈夫かもしれません。

できるだけ長く保ちたいという人にはおすすめですね。

フロアコーティングにはシリコンを使った施工方法もあります。

シリコン樹脂を用いるもので、水性と油性と二つのタイプがあるそうです。

この方法のメリットとデメリットはどのようなことなのでしょうか。

まずメリットです。

一つ目に、撥水効果が高く、耐水性や耐薬品性が高いということ。

この点はUVコーティングと似ていますね。

耐久年数は10~20年以上とUVコーティングよりやや劣るようですが、塗り直しができるという点では優っていると言えるでしょう。

また、滑りにくい塗装なのでお年寄りにも安心です。

素材自体に柔軟性があるので、フローリングとの密着度が高くなじみやすいというポイントもあるようですよ。

ではデメリットは?

というと、施工費用がやや高いということが挙げられます。

耐久性の高さや素材のため、どうしても高めになってしまうようです。

また、コーティングが乾くまで1~2日ほどかかるため、フロアコーティング後すぐに入居することはできません。

すぐにでも入居したいという人には向いていないかもしれませんね。


© 2017 コレで安心!フロアコーティングナビ