browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

板材以外のフロアコーティング

フロアコーティングというと、板材のフローリングを塗装するイメージですが、施工方法を選べば板材以外の床でもフロアコーティングができるのだそうです。

その一つがコルクタイルを使った床です。

コルクタイルは主成分がセルロースの板材と異なり、スベリンという成分が主成分となります。

そのため、セルロースを食べるシロアリがつきにくいという特徴があるそうです。

また、吸湿性・放湿性に優れているので水回りの床にも適しているとか。

断熱性もあって冷たくなりにくいですし、踏み心地がやわらかく吸音や遮音性も優れているという点もうれしいですね。

小さなお子さんがいる家庭には良いかもしれません。

ただ、デメリットもあります。

経年変化が大きく、脱色したりしみ込んだ汚れが取りづらかったりするのです。

ワインのコルク栓を思い出せばイメージが湧くのではないでしょうか。

また、補修が難しいので張り替える必要があること、一般的な複合フローリングより価格が高いという点もデメリットの一つですね。

使用頻度の高い部屋には向かないのかもしれませんが、メリット・デメリットを考えつつ、部屋を限定して用いるのも良いかもしれません。

クッションフロアという言葉を聞いたことがありますか?

クッションフロアとは、ビニール系の素材でできたシートで、表面に様々な模様がプリントされており、クッション性があるということが特徴です。

水に強いということで、トイレやキッチン、洗面所などの水回りに用いられることが多いようです。

模様には様々な種類があって、テラコッタ調のものや板目を模したウッド調、大理石調のものなどがあり、色合いも色々と選べるようです。

複合フローリングに比べて価格が安く、物音が下に響きにくいということで集合住宅などに用いられる場合が多いとか。

さて、このような特徴があるクッションフロア。

フロアコーティングの必要はないかと思いますが、意外とそうでもないようです。

摩擦で模様が擦れてしまい擦れた跡が残ってしまいがちなのだそうです。

掃除機をかけたり、何かを移動させたりする時にはちょっと面倒ですね。

そのため、クッションフロアにもフロアコーティングをしておくとより良いそうですよ。

耐水性に加えて摩擦にも強くなり、傷もつきにくくなる。

ただクッションフロアを張るだけよりはお金がかかりますが、検討してみても良いのではないでしょうか。


© 2017 コレで安心!フロアコーティングナビ